心療内科通いで仕事がままならなくなった31歳男性の初心者FX生活

心療内科通いで仕事がままならなくなった31歳男性の初心者FX生活

 

3年前に精神を大きく壊してしまい精神科へ。「自分はなぜか周囲に溶け込めない。原因を調べてほしい。」と心理検査を受け、アスペルガー症候群の疑い、高機能広汎性発達障害およびうつ病など、いろいろな病院でさまざまな医師から診断をもらいました。投薬治療を終えて無理やり気味に働いてみたのですが、自分が首をつっているイメージが朝から夕方まで頭から離れず、周囲には笑顔で話すのですが、個人的にはいっぱいいっぱい。寝れなくなってしまい、そのまま休職後、退社になってしまいました。

 

なんだか暗い書きだしになってしまったのですが、哲学、思想、宗教、神話、臨床心理学など通院をしながら本を読む中で自己理解が深まり、『自分にできることをやろう』、そう思うようになってきました。その中で選択したのがFXです。5年前に単なる興味でマネーパートナーズとGMOクリック証券の口座は開いており、普段使っている三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行はインターネット取引ができるように手続きしてあったので始めるのは簡単でした。選んだ理由はネット上での評判が良かったことと利用者が多いことでした。

 

次に、自分ひとりでやったり、勉強したりするのが、不安だったり面倒だったので、さっそくネット検索。たまたま一番上位に上がってきた、カネツFX証券というFX会社がやっている無料講座に出席する事にしました。あまり深くは考えていませんが、少人数制だったり、講師がいい年の人だったり、利用者の声に上がっているのも年配の人が多かったのを見て、ここにしようと決めました。

 

行ってみると、みな会社員やリタイアした人ばかりで、なんだか自分が場違いな気がしてました。話も上の空で、勝手に資料に目を通したり、休憩時間には音楽を聴きながら本を読んだり。話の内容は、各国の動向を抑えるために見るべき指標についてや現在の動向、後はチャートの見かたや今後の展開予想についてでした。また、金曜日と土曜日の2日連続で講義を行っており、前日に予想したチャートが翌日にどういう動きになっていたのか、というのを振り返りながら解説してくれるようで、講師の方も、できれば2日連続で出席してください、と言ってました。本の内容は古いしお金の無駄。分からないなら講義に来て質問するといい。いろいろとテクニックはあるが教えるのは一つだけだ。10月末~11月頭はドル円を買え。やることがなければトルコリラを持て。6月7月は豪ドル、NZドルはお勧めできないが、9月~12月上昇する。といった話でした。

 

さっそく、来月の予約を取って、翌日、家で本を読む傍ら、ちょっと根の張る遊びにはなるけど、暇なので5万円で取引開始。(無理やり働いてた時期の貯金を使ってます。)かぶせ線に気をつけながら、日足、60分足、15分足、5分足、1分足を見ながら、利益が出たら持ちすぎずに早めに決済。初日、4回取引して、+50円、+100円、+50円、+500円の計+700円でした。

 

その後、予想外の大きな動きが出たりしたのですが、「大きく上がった相場はもう一度戻っている」という話を思い出してマイナスが膨らんでも慌てず今日1日は動けないな、と思って観念したり、取引余力がなければ強制決済になってしまうため、すこし大目に入金しとかなきゃいけないということを学んだり、という日々が続きました。

 

まだまだ分からないことは多いですし、安定して利益を出せるわけではないですが、講義で学びながら、日々の動向をしっかりチェックしていこうと思います。世間的には、失敗するやり方だ、よく陥りやすいダメな例だと言われると思うのですが、あまり世間のやり方は性に合わないタチなので、周囲の声は気にせず、自分のペースで鋭く楽しく興味深くFXを続けていこうと思います。