元本割れ時に補填はされないFXと利益見込みに関するメリット

元本割れ時に補填はされないFXと利益見込みに関するメリット

 

FXという商品には、自己責任に関する特徴があります。いわゆる投資商品に相当しますので、それで利益を生み出す為には売買を行う必要があるのです。そしてその売買は、全てが自己責任になります。損失が発生したとしても、それは全て自分の責任になるのですね。いわゆる元本に対する保全のシステムもありませんし、補填も無いのです。ところで数ある金融商品の中には、たまに補填システムが完備されているものも見られます。ある不動産関連の商品なのですが、それは元本割れが発生した時でも問題無いというシステムになっているそうです。

 

例えばその投資商品で1,000万円分の口数の購入をしたとします。それで例えば、元本割れが発生してしまったとしましょう。大いにあり得る話ですね。それで元資金が980万円などになってしまったとします。つまりマイナス20万円ですね。そのような時でも、その不動産関連の商品では20万円分が補填されるのだそうです。つまり元本割れが発生しても、会社がその分を埋め合わせてくれる訳ですね。

 

しかし残念ながらその不動産関連の補填システムには、限界値があります。例えばマイナス100万円などになってしまった時には、対象外になってしまうのですね。そしてFXという商品には、もちろんその補填システムはありません。前述のように損失は全て自己責任になります。ある意味それは、その外貨を用いる商品のデメリットではあるでしょう。

 

しかしその投資商品には、それを上回るメリットもあります。かなり大きな利益額が見込める点です。人によっては数十万円が数千万円などになっている事もあるので、やり方次第では大きな利益が見込める訳ですね。ところが上記の不動産関連の商品の場合は、そこまで大きな利益が発生するのは困難ですね。どれだけ好調でも、年間利益は数%程度だそうです。ですのでFXの方がハイリターンの商品と言えるでしょう。すなわちリスクは比較的高めで、利益見込み額も高めなのがこの外貨を用いる商品の特徴と言えます。