1000通貨単位なら気軽に投資を始められる

SBI FXトレードを使ってみた僕の感想ブログ

 

投資を始めてみたいと思っているけれど、資金が少ないので何からはじめたら良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。超低金利の今の時代には銀行にお金を預けておくというのは、ただ眠らせておくようなものであるため、上手に資産運用をして少しでも増やしたいと考えている人も多いものです。しかし、少額の資金であれば増える金額も少額となりますから、それなら銀行に預けておいた方が良いのではと思ってしまう人もまた多くいます。

 

投資ときいて最初にイメージしがちな株も最近では取引をしやすくなったとはいえ、ある程度のまとまった資金が必要となります。そこで、少額の資金であっても気軽に取引をすることができる金融商品が、FXになります。FXは以前から少額の資金でも取引をしやすい金融商品のひとつでしたが、特に最近は1000通貨単位から始めることができる業者が増えてきたので1万円程度の資金からでも取引をすることができるようになったのです。

 

以前までは10000通貨単位からという業者が多かったので、必要な資金としても10万円は欲しいところでしたが1000通貨単位の業者が増えたことによって少ない資金の人でも取引をしやすい環境が整ったのです。1000通貨単位で取引をすることができる利点としては、少額の資金から取引を始めることができるというだけでなく、資金に対して適切なポジションを持つことができるという点もあります。

 

10000通貨以上の取引をするにしても、適切なポジションサイズが15000通貨であった場合10000通貨単位の取引では10000万通貨で資金効率を落とすか、あるいは20000通貨を持ってリスクをとるかの二択になってしまいましたが1000通貨単位で取引をすることができれば15000通貨を持つことができるので、資金に対して丁度良いポジションを取ることができるので、効率よくそして安全な取引をすることができるのです。
お勧めサイト:FX1000通貨より少額!たった100円で出来る業者を知ってます?

 

 

先物や株と違ってめったに電話が来ないFX

SBI FXトレードを使ってみた僕の感想ブログ

 

投資商品によっては、勧誘の電話がかかってくる事があります。そして多くの方々は、それは敬遠したいと思っているのですね。例えば私の親戚の1人は、証券会社からの勧誘電話が少々困ると思っているようなのです。まず親戚が利用しているのは、その証券会社による株式投資ですね。いわゆる株券での売買なのですが、親戚は主に電話を通じて注文をしているのだそうです。

 

ところがその注文の際に、とにかく売るように急かされるようなのですね。電話をかける度に売りましょう等と言われて、なかなか大変な思いをしているようです。恐らく証券会社としては、手数料の目的のために売りましょうと話しているのではないでしょうか。意外とよく有る話のようです。株式投資だけではありません。先物投資にも、そのようなパターンがあるのですね。先物の場合は、さらに積極的に電話をかけてきているようです。

 

この間もある先物トレーダーの方が、トウモロコシで売買を行っていました。そしてその先物の会社から電話がかかってきて、今度は貴金属の銀で売買をしましょうと勧誘されたようなのですね。ちなみにその通りにしたら、大きな損失になってしまったようです。投資会社からの勧誘の電話は、本当に気をつけた方が良いですね。ところでFXも投資の1つなのですが、上記のような勧誘の電話はまず皆無だと考えて良いでしょう。現に私もその外貨を用いる商品で、もう何年間も注文を続けています。そして今まで一度も電話がかかってきた事がありません。

 

ちなみに私からその会社に電話をかけることは、ごく稀にあります。操作方法が分からない時だけ、電話をする位ですね。今までに数年間売買をしていますが、その金融会社と電話でやり取りをしたのは、せいぜい3回くらいです。それを全て画面の操作方法に関する質問だけです。勧誘の電話は、一切ありませんでした。ある意味それは、FXのメリットの1つと言えるでしょう。勧誘は困る方にとっては、その外貨の商品はメリットが大きいと思います。

 

 

FXのアプリを使って昼間に軽く為替をチェック

SBI FXトレードを使ってみた僕の感想ブログ

 

常にFXをしていると他の事に集中できなさそうに感じて導入をためらっていたけれど、ついこの前スマホに証券会社のアプリを入れてからはトレードの自由度が高くなったような気がしましたし、今のところはスマホのせいで気が散るということもなくうまく使えていると思います。使うといってもほとんどエントリーでは使用しないであらかじめ設定してある指値に到達しそうかどうかを確認する程度で、これは私が使用している証券会社なら約定したらメールがくるから見なくてもわかるものなのですが、気になってしまうからアプリを立ち上げてレートを見るのが私の暇のつぶし方なのです。

 

それに、新たにポジションを持つときは必ず緻密な分析後にすると決めているからエントリーでは注文を出さないものの、状況によってリミットを動かしたりして様子を見たくなったりすると、そういうときだけは出先からスマホでちょっとだけ指値注文の変更をしたりします。FXで稼ぐためには少しでも大きい幅が欲しいと考えないといけませんしこの点は妥協してスマホだけの判断でも操作する一方で、事前に出しているストップは絶対に動かさないと決めていて、猶予を持たせる方向はもちろん損失幅を狭くする方向でも同様です。

 

でも一度出した注文は取り消さないのが私のスタンスだから、出先でレートを見ても思っていたよりはアプリを駆使してFXをするといったことはせず、時間がちょっとできたときにスマホをサッと見るだけに留めているから健全にトレードできていると自分では思います。以前なら暇さえあればゲームアプリを立ち上げてしまい、FXのことを忘れて没頭してしまったり課金して余計にお金を使ったりしたこともあったけれど、それが証券会社のアプリに変わったことで無駄なお金を使わなくなった上にレートを常に見るという習慣がついたのは、生活的にもかなり良い変化でした。

 

バリバリとトレードする本番の欧米時間のためにちょこっとずつレートを見ながら頭の中で戦略が練られるので、ほとんど注文は出すことがなくても昼間にFXのスマホアプリで為替相場に参戦している気分になるのはいい刺激になります。

 

 

SBIFXトレードの特徴とメリット

SBI FXトレードを使ってみた僕の感想ブログ

 

近年の日本社会において人々のライフスタイルの多様化や社会情勢の急激な変化、IT技術の急激な発達などが大きく関与し、個人の貯蓄のあり方や資産運用のあり方等は大きく変化しました。かつては資産運用の方法として最も人気があったものが、絶対的な安全性を誇る方法となります。具体的な例を挙げるとすれば銀行の定期預金や国債などとなり、他の投資などと比較すると得られるリターンを少ないものの、極めてリスクの少ない安全性の高さが特徴的となっているのです。

 

しかしながら、長引く不況が影響し、定期預金や長期国債の運用によって得られる利息は近年では雀の涙ほどとなっており、人気に陰りが表れ始めています。投資やFXといった資産運用であれば多少のリスクを背負うこととなうものの、定期預金や長期国債よりも得られるリターンが格段に多くなるため、時代は預金から投資へと傾いており、現代のトレンドは少額から始めることのできる投資やFXへと流れているのです。

 

外国の通貨を売買することによって利潤を得ることを目指すFXは有価証券の売買よりも気軽に始めることができる投資手段として初心者にもおすすめとなっています。FXを開始するにはFX用の口座を開設する必要があるわけですが、これからFXを始めるという人に特におすすめとなるのがSBIFXトレードという業者になります。

 

一般的な業者の場合は、通貨の単位が100通貨単位、1000通貨単位となっています。例えば1000通貨単位の場合ですと、米ドルと円の取引の場合、およそ40000円の証拠金が必要となるため、初心者にとっては取引開始の大きな障壁となってしまうのです。しかしSBIFXトレードの場合は業界でも珍しい1通貨単位からの取引が可能となっています。1通貨単位ということは取引を始める際に必要となる証拠金が4円からということを表しているのです。SBIFXトレードは現在のトレンドでもある少額からの取引開始ができる貴重なFX業者となっているのです。

 

 

肝心のチャンスを逃しづらくなるFXの指値

SBI FXトレードを使ってみた僕の感想ブログ

 

FXでは、チャンスを掴むことは大切です。そもそも相場で利益を上げるためには、チャンスを確実にものにする事は必要なのですね。普段から手堅く売買を行うのも一法ですが、やはり稼ぎ時というものはあります。時には大きな動きが生じて、それが稼ぎ時になる事もある訳ですが、肝心なのはそのようなタイミングを見過ごさない事です。見過ごしてしまいますと、せっかくのチャンスを逃してしまうでしょう。それで年間の利益率が減少してしまう事もあるので、やはりチャンスに対してアンテナを張っておくのは大切なのですね。

 

ところで最近の私は、FXでタイミングを逃すことが大きく減ったと思います。なぜならここ最近では、指値を用いての売買を行っているからです。実は少し前までの私は、成り行きでの注文を行っていたのですが、残念ながらそれにはデメリットが1つあります。そのやり方では、時にはチャンスを逃してしまう事があるのですね。そもそも私達は、ずっとパソコンの前に張り付くのが難しい一面もあります。常駐する事ができれば良いですが、時には何らかの事情があって、パソコンの前を離れなければならない事もあります。

 

お仕事などはその1つですね。サラリーマンの方々などは、やはり昼間の時間帯はパソコンの前に張り付くのは著しく難しいです。そして会社に出かけている間に、大きな動きが発生している事もあるのですね。私は何回も今までにそのような事お経験しています。成り行きで注文をしていると、そのようなケースは多発するものなのです。ところが指値で売買を行っていますと、そのチャンスを逃すことも大きく減る傾向があります。不測の大きな動きを想定した上での指値の注文をしていますと、時にはそれが約定してくれるのですね。それで私のFXのやり方では、チャンスを逃すことが大きく減りました。

 

ですのでこの金融商品で稼ぎたいと考えるなら、やはり指値は有効活用すると良いでしょう。それだけでも、随分と利益率が変化すると思います。

 

 

多くの方々による意見と逆の方向での売買をする

SBI FXトレードを使ってみた僕の感想ブログ

 

FXの業界には、色々とアナリストの方々が見られます。いわゆる専門家の方々ですが、その意見に耳を傾けてみるのは、多いに良いことだと思います。他の方々の意見を参考にしますと、色々と見えてくる事柄も多いからです。ところで最近になって、多くのアナリストの方々の意見がほぼ一致しています。今後は円高になっていくのではないかとの予想が、大多数を占めているのですね。

 

例えばある有名な金融トレーダーの方が、来年は円高になっていくのではないかと大胆に予想をしています。現在の米ドルの価格は120円台となっていますが、来年になってからは100円台になるのではないかとの予想です。また別の有名なFXのアナリストの方も、同じような予想をしているのですね。色々な理由により、今後は110円台にまで下落をすると予想しています。

 

上記の2人のアナリストの方は、ほぼ意見が一致している訳ですね。そしてFXの情報サイトを色々見ますと、上記のような意見の一致が生じるケースもたまにあります。そのような時には、あえて逆の発想を持つのも大切だと思うのです。というのもこの金融商品は、少々あまのじゃくな一面があります。大多数の方々の意見が一致している時には、その逆の方向に動くケースが大変多いのですね。

 

上記のケースでは、大多数の方々が円高になると予想している訳ですから、来年以降はむしろ円安を基準に売買をすべきとの考えも多いです。つまり来年は、買い玉を保有する方が良いとの考え方です。肝心なのは、あまり空気に流されないようにする事です。上記は多くのアナリストによる事例ですが、FXの掲示板などを見てみても、たまに多くの一般トレーダーの意見が一致する事もあります。

 

そのような時にはむしろ逆の発想を持って、この金融商品で売買をする方が望ましいでしょう。個人的には「大多数と逆の発想で売買をする方が、この金融商品では稼げる」と考えている次第です。ただし、もちろん的中する事もあります。逆の発想で売買をするにしても、やはり損切りなどで被害を最小限にとどめる為の工夫は必要でしょう。

2016/05/26 16:09:26 |
投資には、幾つかの定石があります。その1つは、あまり1つの商品に集中しないことです。例えば100万という資金を保有しているとします。その資金を資産運用で、増加したいと思うケースもある訳ですね。資金を増やすためにも色々な選択肢がある訳ですが、人によってはそれを1つの商品に集中させてしまっているのです。それで大きな損が生じてしまっている事例も見られるのですね。例えばお金を増やす方法の1つに、株があります。その株に対して、100万全てを投入してしまっている方も見られるのですね。ところが全ての資金をその商品に投入してしまいますと、100万が全て失われてしまう可能性があります。というのも株の動きは、必ず...
2016/05/26 16:09:26 |
FXのセオリーを学ぶ為に、何らかの書籍を検討している方もたまに見られます。現に質問投稿サイトなどを見ますと、そのような書籍に関する質問も散見されるのですね。例えば次のような質問を、過去に見た覚えがあります。ある方が、FXで稼ぐ為の方法を色々知りたいと思っていたのです。その方法論として、書籍を検討していたのだそうです。つまりFXで稼ぐ為のセオリーを解説した書籍を読んで、それで利益率をアップさせたいとの考えですね。私はその考え方は、別に間違いではないと思います。ただしその書籍に書かれている内容は、1から10まで全てコピーできるとは考えない方が良いでしょう。それは著しく難しいからです。そもそも書籍に...
2016/05/26 16:09:26 |
FXという金融商品に関するセオリーを色々聞きますと、たまにメンタル面が強調されています。この金融商品では、メンタルの強さなどは求められると強調されている事も多いですね。また現在のメンタルから、別の考え方に変化しなければならないとの考えも目立ちます。というのもこの金融商品では、たまに狼狽してしまう事があるのです。例えばある時に、多くの買い玉を保有していたとします。それで価格が上昇すればメンタルを冷静に保つことができる傾向がありますが、問題は不測の下落が生じてしまった時です。全く予想もしていなかった大幅な下落が生じた事によって、冷静さが失われてしまうケースも目立つのですね。それで冷静さが欠けてしま...
2015/11/20 10:43:20 |
投資では、しばしば借りる事が必要になります。その1つとして、マンションがあります。アパートも、そのために利用される事が多いですね。そのタイプの集合住宅は、しばしば家賃収入のために利用されています。入居者を募って家賃収入の獲得を目指す訳ですが、もちろんそのためには住宅の確保が必要になります。つまりそれを買う必要があるのですね。そして住宅はまとまったお金が必要になりますので、借金をする事になる訳です。いわゆる事業用のローン商品を利用している方々も多く見られます。またその住宅の、維持費用などもかかるのですね。住宅というのは経年劣化と戦わなければなりませんので、良い状態を保つためには様々なメンテナンス...
2015/07/22 07:37:22 |
3年前に精神を大きく壊してしまい精神科へ。「自分はなぜか周囲に溶け込めない。原因を調べてほしい。」と心理検査を受け、アスペルガー症候群の疑い、高機能広汎性発達障害およびうつ病など、いろいろな病院でさまざまな医師から診断をもらいました。投薬治療を終えて無理やり気味に働いてみたのですが、自分が首をつっているイメージが朝から夕方まで頭から離れず、周囲には笑顔で話すのですが、個人的にはいっぱいいっぱい。寝れなくなってしまい、そのまま休職後、退社になってしまいました。なんだか暗い書きだしになってしまったのですが、哲学、思想、宗教、神話、臨床心理学など通院をしながら本を読む中で自己理解が深まり、『自分にで...
2015/07/22 07:37:22 |
FXという商品には、自己責任に関する特徴があります。いわゆる投資商品に相当しますので、それで利益を生み出す為には売買を行う必要があるのです。そしてその売買は、全てが自己責任になります。損失が発生したとしても、それは全て自分の責任になるのですね。いわゆる元本に対する保全のシステムもありませんし、補填も無いのです。ところで数ある金融商品の中には、たまに補填システムが完備されているものも見られます。ある不動産関連の商品なのですが、それは元本割れが発生した時でも問題無いというシステムになっているそうです。例えばその投資商品で1,000万円分の口数の購入をしたとします。それで例えば、元本割れが発生してし...
2015/07/22 07:36:22 |
投資商品で売買をしている方によっては、かなり資産が大きく増えている事があります。人によっては数億円レベルになっている事もあるのですね。いつの頃だったか、私はある方の興味深い話を聞いた事があります。ある掲示板に掲載されていたのですね。その掲示板では、FXで売買を行っている方々が積極的に情報交換をしています。それである方がその掲示板の書き込みにて、資産を大きく増やしたという話を掲載していたのですね。その方は、ある年の1月頃から売買を始めたそうなのです。その時の初期資金は、数十万円程度だったようなのですね。そして半年ほど経過したタイミングでその掲示板の情報を見てみると、上記の方の資産は億を超えたそう...